Linuxのpatchの作り方、当て方


■patchの作り方
 $ diff -Naur (修正前ファイル) (修正後ファイル) > (パッチファイル)

■patchの当て方
 $ patch -p0 < (パッチファイル)
 ※「File to patch:」というメッセージが出た場合、当てる先が分からないので手動で当てる先を指定します。


★参考URL
 ・[@IT] ソースコードにパッチを当てるには
 ・[Akira Kusumoto at Kobe University] patchの作成、当て方
 ・[ザリガニが見ていた…。] patchコマンド-pオプションの覚え書き
 ・[UNIXの部屋] patch パッチを当てる

スポンサードリンク

Linuxのpatchの作り方、当て方” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です