Linuxで再起動する度に外付けハードディスクやメモリのマウント先が変わってしまう


Linuxでは、mountコマンドやfstabを用いてUSBハードディスクやメモリなどの外付けデバイスのマウント先を指定できる。
ただし、再起動する度にマウント先が変わってしまう事はないだろうか?

実際自分もコレにはかなりイラっときてました^^

そこで、デバイス毎マウント先を設定することにした!

まずデバイスに割り当てられたUUIDを調べる!

この数字と文字列の羅列がUUID
調べ方はまあいろいろあるので、ここでは省略。

次にfstabにUUIDを使ったマウントを設定。

これでひとまずOKなはず!^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です