開発日々の走り書き~

Days of development

「ACCESS」のクエリが破損しています[update/更新クエリ] (2019年11月アップデート不具合)


2019年11月のWindowsアップデートで、
「Microsoft Office」の「Access」において、
重大なトラブルが発生しました。

更新クエリを実行すると、エラーが発生。

“クエリ名” が破損しています

Access2019:更新クエリ(update文)を含んだマクロを実行した際のエラー(エラー:2950)

image

Access2019:更新クエリ(update文)を実行した際のエラー

image

修正のスケジュールとその間の対処方法は、
Accessのバージョン毎に異なります。

アップデートの修正予定

 ・Access2016 MSI
  >2019年11月18日KB4484198

 ・Access for Office 365 Monthly Channel/Access2016 C2R/Access2019 (Version 1910)
  >2019年11月18日:Use File/Account/UpdateOptions/UpdateNow within an Office application

 ・Access2019/Office365
  >2019年11月24日

 ・Access for Office 365 Semi-Annual(Version 1902)
  >2019年11月25日

 ・Access2010/Access2013/Access2019 Volume License
  >2019年12月10日

 [参照] Access error: “Query is corrupt” – Access

対処方法

 ◆以下のバージョンではWindowsアップデートの「KB44841**」をアンイストールする

 ・Office2010:KB4484127

 ・Office2013:KB4484119

 ・Office2016:KB4484113, KB3085368

 ◆Access2019/Office365の場合

 従来のWindowsアップデートとは異なるため、
 コマンドプロンプトから「officec2rclient.exe」を使い、
 不具合以前のバージョンにロールバックする

 ■Access2019/Office365:更新履歴(バージョン・ビルド情報あり)

 [参照] Office 365 ProPlus の更新履歴 (日付別の一覧) | Microsoft Docs
 [参照] Office 2016 C2R および Office 2019 の更新履歴 | Microsoft Docs

 ■Access2019/Office365:Accessのバージョン情報の確認(バージョン 1910 (ビルド 12130.20344))

 ※「ビルド 12130.20344」は2019年11月12日のアップデート

image

 ■コマンドプロンプト(管理者権限)でバージョンを差し戻す

  ※自分の場合は「バージョン 1910 (ビルド 12130.20344)」から「バージョン 1910 (ビルド 12130.20272)」に差し戻し
  ※「ビルド 12130.20272」は2019年10月30日のアップデート

 image

 unnamed (1)

 ■Access2019/Office365:Accessのバージョン情報の確認(バージョン 1910 (ビルド 12130.20272))

 image
  ※スクリーンショットのバージョンは、
   間違えて「ビルド 12026.20320」(2019年10月8日のアップデート)まで戻してしまいましたが、
   本件のエラーは「ビルド 12130.20272」(2019年10月30日のアップデート)まで戻せばOKです

 ◆最後にOffice更新プログラムを「無効」にする

 修正アップデートが配信されるまでに、更新されてしまうと同じ事の繰り返しですので、
 Office更新プログラムを「更新を無効にする」に変更して回避します。
 修正アップデートが出たら、「今すぐ更新」より、アップデートします。

 image

余談ですが、個人的に今回の件で愚痴!?書いてますので良かったら読んでみて下さい😅
[参照] Accessの不具合に翻弄されて・・・ | EZiC[イージック]

スポンサードリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">