ESXi5.0、肥大化する「シン プロビジョニング」の罠!!?


本日未明。
自宅の仮想サーバーが停止していることが発覚した。
[マサのライフノート by EZiC – 自宅仮想サーバートラブル!!!]

どうやら原因は、ESXiの仮想ディスクの肥大化。
仮想ディスク上は容量があっても、仮想ディスクのファイルvmdkファイルの容量がデータストア全ての容量を使い切っている・・・

これは、必要に応じてディスク領域を確保する「シン プロビジョニング方式」の罠!!?
(もっとも、自分も物理ディスク以上に容量割り当てを行ってしまったので、それが今回の原因かもしれない・・・)

とりあえず、自宅仮想サーバーは別の大きなデータストアに移したが、
一方、今回容量圧迫を起こしたSSDの方は、再フォーマットして、「シック方式(EagerZeroed)」で再構築(再インストール)する事にした!
(それで解決するか分からないし、今回の事で現行のバックアップ体制に疑問を持ってしまったのでそれの解消のため大幅な改変するかもしれないけど・・・)

★データストアの再フォーマット

■容量圧迫を引き起こした現行SSDに乗っていたサーバー
image

■サーバーを datastore1 -> datastore2 に移した後、datastore1(SSH)を削除して再度データストアを作ろとしたらエラー発生!
image
※エラーメッセージ:選択されたディスクにすでにVMFSデータストアが存在するか、ホストがパーティション表変換を実行できません。別のディスクを選択してください。

どうやら、vSphereClient上でデータストアを削除しても、まだESXi上に残っているみたいなので、削除することに!

■SSHでESXiにログイン後、当該パーティションを削除!

※GPT方式なので、fdiskは使えないです

■パティション削除後、無事データストアの作成が完了♪
image

という訳で、仮想マシンのインストールが続行できました!

★参考URL
 ・[いろいろメモ] [vmware]vmdkディスクの圧縮
 ・[憩いの場 Wiki] VMware Player(Workstation)のメモ †
 ・[VM Back] VMware Command Line Tools
 ・[アイティ生活工房] VMware Tips
 ・[のんびり~] vmdkの縮小
 ・[れぶろぐ] vmshrink コマンドで仮想ディスクを圧縮
 ・[StarPlatinum.jp] 肥大した仮想ディスクの圧縮

スポンサードリンク

ESXi5.0、肥大化する「シン プロビジョニング」の罠!!?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です