ZendFrameworkとSmartyの連携方法


★SmartyをZendにセットする
 ・zend\library\Zend\smarty
  ※Smartyダウンロード先

★追加ファイル
 ・zend\library\Zend\ZendViewSmarty.php
[PHP]
< ?php require_once 'Zend/View/Interface.php'; require_once 'Zend/smarty/libs/Smarty.class.php'; class Zend_View_Smarty implements Zend_View_Interface { /** * Smarty object * @var Smarty */ protected $_smarty; /** * コンストラクタ * * @param string $tmplPath * @param array $extraParams * @return void */ public function __construct($tmplPath = null, $extraParams = array()) { $this->_smarty = new Smarty;

if (null !== $tmplPath) {
$this->setScriptPath($tmplPath);
}

foreach ($extraParams as $key => $value) {
$this->_smarty->$key = $value;
}
}

/**
* テンプレートエンジンオブジェクトを返します
*
* @return Smarty
*/
public function getEngine()
{
return $this->_smarty;
}

/**
* コンパイルファイルへのパスを設定します
*
* @param string $path パスとして設定するディレクトリ
* @return void
*/
public function setCompilePath($path)
{
if (is_readable($path)) {
$this->_smarty->compile_dir = $path;
return;
}

throw new Exception(‘無効なパスが指定されました’);
}

/**
* テンプレートへのパスを設定します
*
* @param string $path パスとして設定するディレクトリ
* @return void
*/
public function setScriptPath($path)
{
if (is_readable($path)) {
$this->_smarty->template_dir = $path;
return;
}

throw new Exception(‘無効なパスが指定されました’);
}

/**
* 現在のテンプレートディレクトリを取得します
*
* @return string
*/
public function getScriptPaths()
{
return $this->_smarty->template_dir;
}

/**
* setScriptPath へのエイリアス
*
* @param string $path
* @param string $prefix Unused
* @return void
*/
public function setBasePath($path, $prefix = ‘Zend_View’)
{
return $this->setScriptPath($path);
}

/**
* setScriptPath へのエイリアス
*
* @param string $path
* @param string $prefix Unused
* @return void
*/
public function addBasePath($path, $prefix = ‘Zend_View’)
{
return $this->setScriptPath($path);
}

/**
* 変数をテンプレートに代入します
*
* @param string $key 変数名
* @param mixed $val 変数の値
* @return void
*/
public function __set($key, $val)
{
$this->_smarty->assign($key, $val);
}

/**
* 代入された変数を取得します
*
* @param string $key 変数名
* @return mixed 変数の値
*/
public function __get($key)
{
return $this->_smarty->get_template_vars($key);
}

/**
* empty() や isset() のテストが動作するようにします
*
* @param string $key
* @return boolean
*/
public function __isset($key)
{
return (null !== $this->_smarty->get_template_vars($key));
}

/**
* オブジェクトのプロパティに対して unset() が動作するようにします
*
* @param string $key
* @return void
*/
public function __unset($key)
{
$this->_smarty->clear_assign($key);
}

/**
* 変数をテンプレートに代入します
*
* 指定したキーを指定した値に設定します。あるいは、
* キー => 値 形式の配列で一括設定します
*
* @see __set()
* @param string|array $spec 使用する代入方式 (キー、あるいは キー => 値 の配列)
* @param mixed $value (オプション) 名前を指定して代入する場合は、ここで値を指定します
* @return void
*/
public function assign($spec, $value = null)
{
if (is_array($spec)) {
$this->_smarty->assign($spec);
return;
}

$this->_smarty->assign($spec, $value);
}

/**
* 代入済みのすべての変数を削除します
*
* Zend_View に {@link assign()} やプロパティ
* ({@link __get()}/{@link __set()}) で代入された変数をすべて削除します
*
* @return void
*/
public function clearVars()
{
$this->_smarty->clear_all_assign();
}

/**
* テンプレートを処理し、結果を出力します
*
* @param string $name 処理するテンプレート
* @return string 出力結果
*/
public function render($name)
{
return $this->_smarty->fetch($name);
}
}
?>
[/PHP]

★IndexController
 ・application\controllers\IndexController.php
[PHP]
< ?php class IndexController extends Zend_Controller_Action{ /** * コンストラクタ */ public function init(){ // Zend_View_Smartyを読み込む require_once 'Zend/ZendViewSmarty.php'; // Zend_View_Smartyを生成し上書きする $this->view = new Zend_View_Smarty();

// ビュースクリプトのディレクトリを設定する
$this->view->setScriptPath(‘./application/views/scripts/index’);

// ビュースクリプトのコンパイルディレクトリを設定する
$this->view->setCompilePath(‘./application/views/compile/index’);

$this->_helper->viewRenderer->setNoRender();

}

public function indexAction(){

//Smarty変数:testに代入
$this->view->test = ‘Hello World!’;

// ビュースクリプトをレンダリングする
echo $this->view->render(‘index.tpl’);

}

}
?>
[/PHP]

★View
 ・\application\views\scripts\index\index.tpl
[HTML]
< !DOCTYPE HTML>



タイトル


{$test}



[/HTML]


★参考URL
 ・[適当にメモったらこうなった] Zend FrameworkのViewでSmartyを使ってみる
 ・[Zend Framework] Zend Framework: Documentation: ビュースクリプト – Zend Framework Manual
 ・[PHPのコミュニティ ポータルサイト「PHPプロ!」] 第12回 Smartyとフレームワーク(その2:Zend Framework編) (その1)
 ・[Linuxで自宅サーバ構築] ZendFrameworkとSmartyのインストール
 ・[Fieldnets Blog] Zend FrameworkとSmartyの連携:その1-環境

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました