Linux起動時にHDDの「check forced」をスキップするには


fstabに初期マウントするHDDを記述できるが、
中には意図しない記述で、起動時にディスクチェックが行われるはめに!(HDD容量が大きいとかなり時間掛かる・・・

例えばfstabに

と書くと、初回時にチェックが入っちゃう・・・

そこでそれを回避するために、HDDを切断しても、
fstabを変更しないといけない・・・

が表示されたらrootのパスワードを入れれば、「Repair filesystem」モードでコンソールを操作できるが、
この状態だとreadonlyモードなので、fstabを書き込めない・・・
そこで、

書き込めるようにremountする!

これで「vi /etc/fstab」を実行し、

としておけば、このチェックが走るやつは回避される!

※ちなみに、ここでは省いたが、fstabにある数字のオプションは・・・また後日説明します~

スポンサードリンク

Linux起動時にHDDの「check forced」をスキップするには” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です