開発日々の走り書き~

Days of development


「ThinkPad X121e」購入:4.メモリ増設!

購入したノートのメモリは4GB。
しかし、既に追加のメモリ4GBを購入済み!

カスタマイズ注文の際、メモリを2スロット(2GB×2)から、1スロット(4GB×1)へと変更した。
それは、もう一枚メモリを増やして8GBにするために!

注文時に8GBにしてもよかったが、確か+11000円超だったと記憶している。
なので、別の所で4GBメモリを注文し(確か2500円程度だった。。。)、それを追加する事にした!

ノートパソコンのバッテリを外し、ドライバーで蓋を開ける。
するとメモリスロットが見えた!

追加メモリをはめ込み、そのままメモリをゆっくり押し倒しながらカチッとはめこむ!

全て閉じてOS起動!
無事8GB認識完了!!^^)

メモリ増設の主な目的は仮想マシンの利用を前提としたものだが、正直4GBでも十分といえば十分^^
まあ将来を見越したとりあえず最大拡張って意味合いもあるが~

image

★タグ:「ThinkPad X121e」購入

DSCN1794  image

DSCN1795 DSCN1798

DSCN1801 DSCN1802


スポンサードリンク

3 Responses to “ 「ThinkPad X121e」購入:4.メモリ増設! ”

  1. […]  ・「ThinkPad X121e」購入:3.無線のアクセスポイントなど購入へ  ・「ThinkPad X121e」購入:4.メモリ増設! AKPC_IDS += "7537,";★記事人気度: […]

  2. Daisuke.U より:

     こんにちは。同製品を最近購入して
    同じようにメモリ拡張(8GB)しましたが、下記(バルク)メモリでは
    恐らく相性だったのか、2例とも安定稼働せず散々でした。

    最終的に、当ブログの「Transcend」と同じ製品購入で
    無事、いまのところ安定稼働しています。
    バルクな点と、ひょっとすると相性かもしれない事例を投稿しておきます。

    —-
    ■Princeton
     製品:DDR3 PC3-10600 4GB x2枚組
     型番:PDN3/1333-4GX2
     症状:BIOSが正常起動せず。何度も起動・シャットダウンの繰り返しで
         最終的に電源入らず・・・(一応、ソフ○ップ店員いわく初期不良だったようです)

    ■CFD ELIXIR
     製品:DDR3 PC3-10600 4GB x2枚組
     型番:W3N1600Q-4G
         http://www.cfd.co.jp/memory/elixir_ddr3n.html
     症状:OS起動後、安定稼働せずかなり不安定に。
         下記バグチェックでブルースクリーン多発している点を確認するも不明
         (結局、Transcend製品へ交換してもらいました)

    ■バグ チェック文字列(BlueScreenViewツール抜粋):
     発生ブルースクリーン事例
     ・BAD_POOL_HEADER
     ・DRIVER_POWER_STATE_FAILURE
     ・KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED
     ・MEMORY_MANAGEMENT
     ・PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
     ・SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION

    1. マサ より:

      >Daisuke.Uさん

      こんにちは、はじめまして!
      貴重な情報ありがとうございます!

      まあ僕もメモリについては相性のことも考えてノーブランドのは避けようかと思ってたんですよ。メーカーのバルクも安いですしね~

      とりあえず僕の方はTranscend増設して2ヶ月になりますけど、仕事とかでほぼ毎日のように使っていても、メモリ系のトラブルはないです。

      相性は気をつけようがないけど、せめて公表されているような事例とかはチェックするうように心がけていこうかなって思いましたね~

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">