開発日々の走り書き~

Days of development


CentOSサーバーに外付けHDD追加!:1.fdisk

★タグ:CentOSサーバーに外付けHDD追加!

本日はCentOSサーバー(自宅サーバー)に外付けHDD追加した!

※その詳細
 ・[マサのライフノート〆] 自宅サーバーにHDD追加

作業の大まかな手順は、

 1.fdisk
 2.HDDフォーマット
 3.HDDマウント

となる。


1.fdisk

# fdisk /dev/sdd
※「/dev/sdd1」は追加したHDDのパスを指定
※「fdisk -l」コマンドでパスの確認可能

このディスクのシリンダ数は 243201 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
(例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)

コマンド (m でヘルプ): m
コマンドの動作
a ブート可能フラグをつける
b bsd ディスクラベルを編集する
c dos 互換フラグをつける
d 領域を削除する
l 既知の領域タイプをリスト表示する
m このメニューを表示する
n 新たに領域を作成する
o 新たに空の DOS 領域テーブルを作成する
p 領域テーブルを表示する
q 変更を保存せずに終了する
s 空の Sun ディスクラベルを作成する
t 領域のシステム ID を変更する
u 表示/項目ユニットを変更する
v 領域テーブルを照合する
w テーブルをディスクに書き込み、終了する
x 特別な機能 (エキスパート専用)

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
e 拡張
p 基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-243201, default 1):
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-243201, default 243201):
Using default value 243201

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdd: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 243201 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdd1 1 243201 1953512001 83 Linux

コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。


以上でfdisk完了!


スポンサードリンク

2 Responses to “ CentOSサーバーに外付けHDD追加!:1.fdisk ”

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">